NEWS

お知らせ

2021.04.28

Topics <ネックストラップの印刷方法 -昇華転写印刷について->

ネックストラップの印刷方法には、大きく分けて2種類あるのをご存知でしょうか。

一つが熱で転写して印刷する昇華転写印刷、もう一つが版を作って文字やロゴを印刷するシルク印刷です。

それぞれの特徴や違いがあるので、今回は昇華転写印刷についてご紹介したいと思います。

 


昇華転写印刷とは

インクジェットプリンターで転写紙に印刷し、これを熱で圧着させて生地にプリントを写す印刷方法です。

その為、フルカラーでの印刷が可能でデザインの自由度が高く、紐全体を使用してメッセージや写真を印刷することもできます。

白い生地全体にインクを染み込ませるので紐自体の色も印刷で表現できます。

その為、予め紐を染色する必要がないことも特徴の一つです。

 

<特徴>

・フルカラーで印刷可能

・印刷に適した材質がポリエステルに限られる

・ネックストラップの紐部分全体をデザインできる

・印刷版が必要ないので、版代が要らない

・両面印刷が標準となる(印刷前のストラップの紐部分は白い為、基本的に両面印刷を施します)

 

印刷方法の比較

昇華転写印刷とシルク印刷の比較表となります。

印刷比較表

昇華転写とシルク印刷画像

※サンプルご希望の方は こちら までお気軽にお問い合わせください。

 


ネックストラップ印刷の流れ

工程のおおまかな流れをご紹介します。

1.紐の製造

印刷工程1

細かい目で織り上げた白いポリエステルの紐に印刷を施します。

 

2.紐の印刷

印刷用のデータを専用のシートにプリントします。

プリントしたシートと白い紐を合わせて、熱をかけて昇華転写印刷をします。

 

3.品質検査

ご指定いただいた色とのマッチングはベテラン職人の目で確認します。

印刷工程2

新たにネックストラップを作りたい、従来のネックストラップとはイメージを変えたい、

そのような時は、お気軽にご相談ください。

ご使用方法やどのようなネックストラップがご希望かをお知らせいただければ、

素材や印刷方法などを含めて最適なものをご提案します。

 

次回はシルク印刷についてご紹介する予定です。

BACK